上手に体脂肪を落とすためには、食事がポイントにな

上手に体脂肪を落とすためには、食事がポイントになります。
ただ摂取カロリーを減らすだけでなく、糖質量をコントロールする必要があります。糖質が満足に摂取されないと、筋肉を分解してエネルギーを得なければならないので、糖質=太ると思ってしまいがちですが、適度に摂取した方が良いのです。
この一見矛盾した考えが、体脂肪を減らすコツの一つなんです。
今現在糖質を取りすぎているなら減らす必要がありますが、減らしすぎはNGという事ですね。一度筋肉が落ちると体はエネルギー消費を減らしてしまいます。
いつもと同じ食生活を送っていても、太ってしまうことが有り得ます。そこでまた食事を減らして体重を落としても、脂肪だけでなくまた筋肉が減ってしまい、再び元の体重に戻しても筋肉がさらに減っていて、脂肪が増加してしまうので体脂肪が増え続けてしまう。
間違ったダイエットは返って悪い結果を生み出してしまうんですね。
筋肉は激しい運動をしていなくてもエネルギー、カロリーを消耗してくれる不可欠な存在です。
そこでカギとなるのが筋肉トレーニングですね!筋肉を増やす事で日常生活で消費するエネルギーが増え、痩せ体質になります。
しかし、食事を我慢して痩せたとしましょう。
脂肪だけでなく筋肉成分を使ってエネルギーを作り出すので、筋肉が少なくなってしまいます。
一度失った筋肉を元に戻すのは大変な労力がいります。そういうことで、筋肉は落とさず脂肪だけを落とさなければなりません。
人間の脳は1日に120gの糖質を必要としています。
糖質の供給が滞りなく行われている間は、筋肉の分解はありません。
これに血球もブドウ糖を必要とするので、1日で約180gの糖質を目安にすると良いでしょう。
ご飯を茶碗に1杯、またはコンビニおにぎり1個を食べると糖質60g程度になります。6枚切りの食パン1枚は25gの糖質を含んでいます。細かく言えば他の食材でも糖質は摂取していますが、主食としての目安は朝食に食パン1枚、お昼にご飯を茶碗1杯食べるのが適正量と言えますね。
脂肪が多いからと言って諦める必要はありません。それは太っていてもその下には筋肉があるからです。
体脂肪が筋肉の上に付いているので、実は筋肉量が平均以上の場合もあります。その為、痩せると筋肉質で、綺麗なボディラインが手に入ります。では食事を減らせば良いのか?実は違います!食生活の改善はとても重要ですが、筋肉量は減らさないほうが良いんです。体形を変える要因は、食べたものと運動のバランスです。
細身でも筋肉がしっかりある健康な人は、ほぼ100%太らない生活を送っていて、時間を惜しんでトレーニングをしたり、毎日アクティブに過ごしていたり、食事量の配分に気を遣い、夜は控えて朝昼しっかり摂取するようにしています。再度ここで頭に入れておいてほしいのは、人の体は食べたものと運動した結果で出来ているという事です。
食事で得るエネルギーを抑え、運動で消費するエネルギーを増やせば必ず痩せます。トレーニングで筋肉量をアップさせると、基礎代謝が増えるので、特別な運動をしていなくても脂肪が燃焼されやすくなります。
また筋肉量の増加は活動代謝の増加にもつながります。
活動代謝量が増えると日々エネルギッシュに暮らせるので、消費するカロリーも一段と増えます。また、トレーニングでかかる負荷が多くなるほど、運動時の糖質消費は増えますが、運動時以外は脂肪をエネルギー源とするので安心です。
筋トレ後は、糖質不足の状態になるので、なるべく早くブドウ糖や果実を摂取して、筋肉中のグリコーゲン補給を行いましょう。
カロリーという言葉は良く耳にしますが、一体何なんでしょうか?カロリーとは栄養学におけるエネルギーの単位のことです。
1gの水の水温を1度上げる時にかかるエネルギーのことです。人が摂取する栄養素は、「糖質」「タンパク質」「脂質」「ミネラル」「ビタミン」、以上5種類の栄養素です。
これが五大栄養素と言われるものです。
この中で、エネルギーを生み出すのは、「脂質」「タンパク質」「糖質」の3種です。
この3種は1g当たりのカロリーが異なり、正確に覚えておく必要はありませんが、エネルギー量は脂質が最も多く、糖質やタンパク質の2倍以上である事は覚えておきましょう。
血糖値を下げる為に糖質を制限するのは間違いではありません。
そのため、すぐに肝臓のグリコーゲンが使われます。グリコーゲンの蓄えは、320kcal程度しかなく、多くのエネルギーを供給することはできません。
がしかし、糖質から作られるブドウ糖だけが、脳や血球を動かすことができます。
なので、片時も補給を途絶えさせるわけにはいけません。
ではどうやって補給するのか?それは、肝臓のグリコーゲン残量がわずかになると、筋肉を分解して糖を生む、糖新生が起こるのです。
これにより、筋肉からブドウ糖を得ることができます。
つまり、糖質を制限し過ぎると、先に筋肉がやせ細るので、げっそりするわけですね。
失敗しないダイエット方法をご紹介しておくと、一定の食事制限はしつつ、その間は筋肉トレーニングにも重点を置き、筋肉の減少に歯止めをかけることが重要です。さらには、有酸素運動で脂肪を燃焼させ、体脂肪だけが落ちれば大成功です。
これが美しい体を作るための正しい方程式です。
簡単におさらいしておきますと、筋肉トレーニング+食事制限、さらには運動を行い、無駄な脂肪だけを燃やすということです。
有酸素運動のエネルギー源についても知っておくことが重要です。
最初の20分は糖質からエネルギーを生み出します。ですが、20分以上運動を続けると、アドレナリンの分泌量が増加し、脂質を消費するようになります。
食事制限で体脂肪を落とすこともできますが、筋肉の減少というリスクがあるのに対して、有酸素運動の正しい知識があれば、効率よく体脂肪を減らすことができます。
食事制限を行う場合は、筋トレをプラスするのが重要です。
筋肉の減少を食い止めることはできないので、少しでも現状維持するためには筋トレが必須と言ってよいでしょう。
摂取カロリーとは飲んだり食べたりしたもののカロリーの合計値。
もちろんお酒を飲んだりおつまみを食べたりしても摂取カロリーに含まれます。
当たり前の事ですが私たちの体は飲食したもので出来ていて、カロリーの摂取&消費は、お金の収入&支出に例えると分かりやすく、カロリー消費を増やすことが痩せることにつながります。基礎代謝を固定給と考えた時に身体活動が残業代みたいなものですね。お金を貯めるのに魔法が無いのと同様に、ダイエットも一歩ずつ歩むしかありません。おにぎり1個食べただけでも約200kcalを摂取することになり、30分間のウォーキングでやっと消費できます。
あなたはどちらをえらびますか?消費カロリーとは「基礎代謝」「身体活動」「食事誘発性熱産生(DIT)」、この3つの要素によって成り立っています。基礎代謝は、生命の存続には欠かせないエネルギーで、何もしなくても無意識で消費しているカロリーのことです。身体運動とは、活動することによって消費されるカロリーのことで、激しい運動をする時や、日常の家事や仕事、通勤など、動くこと全てを含みます。
DITは、食べたものを消化をする時内臓が働くことにより、その後数時間代謝が高い状態が続き、体が温かくなる事を指します。なぜ私たちは年齢を重ねると太るのか?これは、トレーニングなどの運動を行わずに過ごしていると、年と共に筋肉量も減っていき、それにともなって基礎代謝量が減ってしまい、若い子と同じ食事をしていては、摂取したエネルギーが全て使われず残ったエネルギーが体脂肪へと変わってしまうからです。
体は重くなって疲れたと言っては、日々の活動にも影響が及び電車でもすぐ座りたくなってしまうともう駄目ですね。
糖質制限のメリットは、糖質の摂取に伴い分泌されるインスリンという肥満原因物質が抑えられる点です。
インスリンは別名「肥満ホルモン」と呼ばれていて、摂り過ぎた糖質を脂肪細胞へ取り込んでしまいます。
だから糖質の取りすぎは危険なのです。
そして、家事や運動でエネルギーを使うときには、糖質が最初に使われ、その後、脂肪へと切り替わるので、糖質をはじめからとらなければ脂肪が燃やされる割合が増え、ダイエットができるという仕組みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です