血糖値を下げる為に糖質を制限するのは間違いではあり

血糖値を下げる為に糖質を制限するのは間違いではありません。
すると、肝臓に蓄えられているグリコーゲンが使われるようになります。
肝臓に貯蔵されているグリコーゲンは320kcalしかないので、あっという間に消費されてしまいます。
がしかし、糖質から作られるブドウ糖だけが、脳や血球を動かすことができます。
そういうわけで、補給し続ける必要があります。
どうやって?というと、肝臓のグリコーゲンが途絶えそうになると、「糖新生」という筋肉から糖を生み出す仕組みに切り替わります。
これは筋肉を切り崩して、ブドウ糖へと変換します。
つまり、糖質が不足すればするほど、まず筋肉が削げ落ち、げっそりするわけですね。有酸素運動におけるエネルギー源をご存知ですか?最初の20分程は糖質がエネルギーとして使われます。
ですが、20分程度を境にアドレナリンの分泌量が上がり、脂質をエネルギー源とするようになります。
食事を減らせば体脂肪は減りますが、筋肉量も減ってしまう難しさがあるのに対して、有酸素運動を正しく行えば、筋肉を減らさず体脂肪を減らすことができます。あと、食事制限ダイエットをした場合でも筋トレはしっかり行いましょう。
筋肉が減ることは止められないので、筋トレは現状維持させるためにも必須と言ってよいでしょう。
摂取カロリーとは食事や飲み物から得るカロリーの合計値。もちろんお酒やそのつまみでもカロリーを摂取しています。
簡単に言うと私たちの体は食べたものと飲んだものから作られ、カロリーはお金と同じように考えると分かりやすくて、使う方のカロリーを大きくすれば痩せます。
基礎代謝を固定給と考えれば活動による消費は歩合給みたいなものですね。
お金を貯めるのに魔法が無いのと同様に、ダイエットにも奇跡や偶然はありません。おにぎり1個の摂取カロリーは概ね200kcalで、30分間のウォーキングと同等のカロリーです。
あなたはどちらを選択しますか?人の脳は1日当たり糖質120gが無いと活動できないようです。
糖質の補給に問題がなければ筋肉は分解されません。
これに血球もブドウ糖を必要とするので、1日に必要な糖質は約180gということになります。目安として、茶碗一杯のご飯またはコンビニのおにぎり一個が糖質60gと覚えておきましょう。
6枚切りの食パン1枚は25gの糖質を含んでいます。
他の食材から糖質を摂取することもありますが、主食だけを考えた場合、朝ごはんに食パンを1枚食べ、お昼に茶碗1杯のごはんが適量です。筋トレで筋肉を増やすと、基礎代謝が増えるので、何もしていなくても脂肪を燃焼しやすくなります。また筋肉量の増加は活動代謝の増加にもつながります。
活動代謝量が増えれば、日々の活動量が増え、カロリーをより多く消費するようになります。また、トレーニングでかかる負荷が多くなるほど、運動時に糖質は消耗されますが、運動後は脂肪燃焼が進むので安心して大丈夫です。
キツいトレーニングを行うと糖質不足になるので、運動後にブドウ糖や果実を摂ると、筋肉のグリコーゲン補給にもつながります。
失敗しないダイエット方法をご紹介しておくと、食事の量もある程度は減らしつつ、その間はしっかりと筋肉トレーニングを行って、筋肉の減少に歯止めをかけることが重要です。
さらには、有酸素運動で脂肪をエネルギー源として燃やし、体脂肪のみを落とすことが理想です。
これが美しい体を作るための正しい方程式です。
分かりやすくおさらいしておくと、筋肉を鍛えながら、食事制限と運動をプラスして、要らない脂肪だけを燃やすということです。うまく体脂肪を減らすためには食事の管理が重要です。
食事で得るカロリーを減らすことも重要ですが、糖質量を意識する事が重要です。糖質が満足に摂取されないと、筋肉を分解してエネルギーを得なければならないので、糖質=太ると思ってしまいがちですが、糖質不足は逆効果です。
腑に落ちないかもしれませんが、この考え方が体脂肪を減らすコツの一つなんです。
糖質量が明らかに多ければ減らさなければなりませんが、過度に減らすのは逆効果という事ですね。
糖質制限のメリットは、糖質の摂取に伴い分泌されるインスリンという肥満原因物質が抑えられる点です。インスリンは「肥満ホルモン」とも呼ばれており、使われずに余った糖質を中性脂肪に変えてしまいます。
だから糖質の取りすぎは危険なのです。そして、活動によりエネルギーを使うときにはまず糖質から消費され、続いて脂肪が燃焼されるので、糖質をはじめからとらなければ脂肪が燃やされる割合が増え、結果的に痩せられるのです。脂肪が多い事を卑下する必要はありません。脂肪だけでなく、筋肉もあるからです。
体脂肪が筋肉を隠している状態で、実は筋肉量が平均以上の場合もあります。
だから、脂肪を落とせば筋肉があり、理想的な体へと変化します。
では、食事を我慢しなければならないのか?本当はそうではありません。
食事を見直すことも重要ですが、筋肉量はキープした方がいいんです。
体形を変える要因は、食べたものと運動のバランスです。細くても適度な筋肉量をキープしている健康な人は、間違いなく太らない生活習慣が身についていて、少しの時間でもトレーニングをしたり、日々良く動く癖がついており、エネルギーを消費しにくい夜ごはんの量を減らし、朝と昼の量を増やしてバランスをとっています。
もう一度確認しておいてほしいのは、体形を左右するのは食べたものと運動のバランスであるという事です。
消費エネルギーより摂取エネルギーの方が少なければ必ず痩せます。
筋肉は無意識のうちにエネルギー、カロリーを消費してくれるありがたいものです。
そこで大切になってくるのは筋肉トレーニングですね!筋肉が増えれば日常生活で消費するカロリーが増え、楽に痩せられる体質になります。しかし、食事を減らして痩せたとしましょう。
脂肪だけでなく筋肉成分もエネルギー減としてしまうため、筋肉が痩せてしまいます。
一度減った筋肉は元に戻すのは大変です。
そのため筋肉は維持して脂肪だけ落とすことが重要です。
「基礎代謝」「身体活動」「食事誘発性熱産生(DIT)」の合計が消費カロリーで、この3つの要素によって成り立っています。
生命活動の維持に欠かせないエネルギーを基礎代謝と呼び、寝る・呼吸する・体温を維持するなどでもカロリーを消費しています。
身体運動とは、運動によって消費されるカロリーの事で、走ったリトレーニングする時、日常の家事や仕事、通勤など、動くこと全てを含みます。DITは、食事の摂取により消化管が働き、食後数時間代謝が上がるので、体温が上がることを指しています。
一度筋肉が落ちると体は省エネ体制に入ってしまいます。
いつもと同じ食生活を送っていても、太ってしまう場合があります。
そこでまた食事制限をすることで体重を落としても、脂肪だけでなく大事な筋肉がさらに減ってしまいそのあと体重が戻ったとしても筋肉はより減少していて、脂肪が増えるだけなのでどんどん体脂肪だけが上がってしまう。
間違ったダイエットが悪循環を生み出すんですね。皆さんはカロリーとは何か知っていますか?カロリーとは、エネルギーの大きさを表す単位のことです。
1gの水の温度を1度上昇させるのに必要な熱量のことです。人が体内に摂取するものは、「糖質」「タンパク質」「脂質」「ミネラル」「ビタミン」、以上5種類の栄養素です。これが五大栄養素と言われるものです。
このうち、エネルギー源として働くのは「脂質」「タンパク質」「糖質」です。エネルギー源と言っても、1g当たりのカロリーは全て異なり、厳密に覚える必要性はありませんが、脂質のエネルギーが糖質やタンパク質の2倍以上であることは覚えておきましょう。なぜ人は加齢により太ってしまうのか?これはトレーニングを行わずに過ごしていると、加齢によって次第に筋肉量が減り、同時に基礎代謝まで減ってしまい、若い頃のまま食べ続けていては食べたエネルギーが使いきれずに残ってしまい、余ったエネルギーが体脂肪として体に蓄えられてしまうからです。
体は重くなって疲れたと言っては、日々の活動にも影響が及び電車でもすぐ座りたくなってしまうともう駄目ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です